マキシマイザー

Googleに「マキシマイザー」という職種があるとのこと。
アドワーズ広告の最適化をアドバイスする職種のようだ。


曰く

「アドワーズ広告は情報そのもの」という同氏によると、ユーザーの打ち込む検索ワードは質問事項であり、その質問に答えるような情報を広告コピーに埋め込まなくてはならない。

また、

アドワーズ広告で最も重要となるのはキーワードであり、キーワードは、部分一致(Broad Match)、フレーズ一致(Phrase Match)、完全一致(Exact Match)、除外キーワード(Negative Match)という4種類に分けられるため、それぞれの特徴を良くわきまえた上で使い分ける必要がある。

とのこと。

さらに、広告のスタイルについてもアドバイスする。

ファッショナブルなコピーを作っても、アドワーズ広告ではあまり効果を発揮しないという。通常の旅行会社の広告にありがちな「古代ギリシャのロマンに浸ろう」といったような表現は、具体性に欠けているというのだ。それよりは、「ギリシャ旅行、航空券とホテルのセットで20%オフ」といったように具体的な表現にすると効果が上がる

という。

広告のリンク先ページとの連携も重要な要素だ。広告コピーに使用する言葉と、リンク先ページに記載された言葉が一致するようアドバイスしている。

いろいろと難しいそうであるが、単純なことなので、実践してみてはどうだろうか。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20070289,00.htm

コメントは受け付けていません。