買ったもの, 雑記

ワイヤレスイヤフォンはどう選ぶと良いか:だれでもわかる最適なイヤフォンの選び方

実は自分、ワイヤレスイヤフォンをいくつも買ったりしています。

以前は何も考えずに、口コミやらだけで買ったりしていましたが、いまではスペックを見て明確にいろいろと判断できるようになりました。
この記事では、だれでもできるようになる、ちゃんとしたワイヤレスイヤフォンの選び方についてまとめたいと思います。

音データをイヤフォンに転送するフォーマットに種類がある

イヤフォンから音楽を流すには、当たり前ですが音楽データをイヤフォンに転送しなければなりません。
ワイヤレスイヤフォンのへのデータ転送方式はほとんどの場合ブルートゥースです。
ブルートゥースを利用して音楽データをスマホなどからイヤフォンに転送するわけですが、効率よく転送をしないと、音が鳴るまでに時間がかかったり途中で止まってしまったりします。

そこで、スマホなどから音データを圧縮してイヤフォンに転送することになります。
ブルートゥースで採用されている音声圧縮のフォーマットはおおむね以下です。

・SBC
・AAC
・apt-x
・LADC

下に行くほうがより音質良く転送できます。
簡単に解説します。

SBC
ヘッドセットレベルの音声を転送するためのもの程度と思ってOK。
低遅延と転送効率を優先しているので、圧縮ノイズがのる。

AAC
そこそこ音質は良い。圧縮率は高め。
人間の耳に聞こえないといわれている周波数帯をばっつりきって圧縮率を高めるなどしている。
iPhoneではこれより上のフォーマットに対応していない。iPhoneではこれより上のフォーマットに対応しているイヤフォンを使っても意味がない。(iPhoneはSBCとAACでしか音声を転送できない。)

apt-x
CDと同じレベルの音。元の音声ファイルがハイレゾだと物足りない。ただCDレベルは結構いい音。

LADC
ソニーが作った音声フォーマット。
ワイヤレスでハイレゾ音源をきくならこれに対応してないとだめ。

iPhoneをご利用の皆さんはびっくりしたと思うんですが、apt-xに対応しているいいイヤフォンを購入してもiPhoneで使った場合宝の持ち腐れになってしまいます。
よってiPhoneの場合はAACまでに対応しているワイヤレスイヤフォンで十分ということになります。

iPhoneに限らず、まずは音楽を再生するデバイスが上記のどこまでに対応しているかを調べましょう。
最近のAndroid端末はたいていapt-xに対応しており、LADCに対応しているものもそこそこあります。
スマホや音楽再生端末の仕様をみて調べてみましょう。
そのうえで、自分のスマホがapt-xに対応しているなら、apt-xに対応しているワイヤレスイヤフォンを選ぶ、というのがまず第一の選択基準になります。

LADCに関しては今のところイヤフォンではほぼ採用されていません。ヘッドフォンを選ぶときに対応しているかどうかを見るようにしましょう。
この先、LADC対応のワイヤレスイヤフォンが出てくるのが楽しみです。

各フォーマットに対応したイヤフォンを探すには、価格コムの「スペック検索」を使うと便利です。
https://kakaku.com/specsearch/2046/

とはいえクソザコイヤフォンは存在する

apt-x対応のイヤフォン一覧を価格コムで検索した場合、すごく高いものから安いものまでいろいろ出てくると思います。
ご予算に合わせて選択すればいいのですが、せっかく良いデータ方式でイヤフォンに音声がやってきても、音を鳴らす部品(ドライバーといいます)や作りがクソザコだと台無しです。
ドライバーのサイズが大きいほうがいい音であるといわれていますが、そうとも限らないところがあるので、安全に行くならば、
・あんまり安すぎないもの(1万円以上ぐらい~)
・口コミで音がいいという評判がついているもの
を探してみましょう。
有名メーカーじゃなくても結構いいものがあったりします。

ノイズキャンセリングは必要なのか

最近はノイズキャンセリング機能付きのものもたくさん発売されています。
環境音などを機械的に聞こえづらくする仕組みですが、確かにすごいやつがあります。
ソニーのヘッドフォンとかはすごい。

ただ、これって「デジタル耳栓」なわけなので、環境音をシャットアウトしてくれる物理的な耳栓から音が聞こえてくれば不要だとおもいませんか?
ノイキャン機能が付くと価格が高くなりますし、聞こえる音に影響が出るという話もあります。

イヤーピースは大事

そこで、イヤフォンのイヤーピースを交換します。
今使ってるイヤフォン、イヤーピースを変えるだけで恐ろしくいい音に聞こえだしたりしますから、侮れません。

どんなイヤーピースを選択するかですが、物理的な耳栓のかわりになるものです。
私は耳の穴にフィットするウレタンのイヤーピース一択です。

具体的には、コンプライというメーカーのイヤーピースを使っています。
https://www.comply.jp/
ちょっと高いですが、使うとびっくりするぐらい音が変わると思いますので、イヤーピースの変更だけでも試してみてください。
コンプライのサイトでは、自分のイヤフォンにあったイヤーピースを調べられるので、参考にしてください。

自分はこれを使っています。耳垢ガード付きでイヤフォンがよごれません。

Comply Tsx-200 アジアンフィット 耳垢ガード付


ウレタンのイヤーピースをつけ続けると耳の穴がつらくなる人もいるので、サイズなんかも自分のあったものを選ぶといいでしょう。

TWS Plus(オカルト的な仕様)

さらにもう一歩こだわりたいという場合、TWS Plusというデータ転送に対応したイヤフォンを選択する方法があります。

TWS Plusでないワイヤレスイヤフォンの左右は、以下のようにスマホなどからデータを転送されています。

スマホ→イヤフォン右→イヤフォン左

いったん右か左でスマホからデータを受け取って、そこからもう片方にデータを転送しています。
一方、TWS Plusに対応しているイヤフォンは、

スマホ→イヤフォン右
スマホ→イヤフォン左

という風に、それぞれに直接データが転送されます。
これの何がいいのかということですが、

・イヤフォン右から左にデータ転送されるときに音が劣化しない
・2回転送するよりも通信が切れにくくなる

と言われています。オカルトじみていますが、オーディオはそういうもんなので、こだわりたい人はこだわっていきましょう。

また、TWS Plusはイヤフォン側だけの対応ではだめで、再生する側の機器(スマホなど)も対応している必要がありますから、そちらもきちんと調べましょう。
ただ、TWS Plus対応のイヤフォンであっても、TWS Plus対応の再生機器でないと使えない、ということではないのが一般的です。その場合は再生機器→右→左、とデータを転送してくれます。

おすすめのイヤフォン

上記を踏まえて、自分がこれまで使ったことのあるワイヤレスイヤフォンの中でのおすすめですが、


ZERO AUDIO TWZ-1000


この子です。

・apt-x対応(AACも対応)
・TWS Plus対応
・そんなに高くない

イヤーピースを変えるという前提ですが、こいつはいいです。
タッチセンサー操作でもなければノイズキャンセリング機能もない無骨な仕様ですが、とてもいい音を鳴らします。
ケースから取り出した時の接続がちょっと微妙な時がありますが、お手頃価格でいい音を求めたいならお勧めできます。
iPhoneの人はすみません。このイヤフォンはオーバースペックです。でもお手頃なので使ってもいいかもしれません。

音楽データがだめだと全部だめ

最後に一番大事なことなんですが、再生する音楽データがそもそも圧縮されまくっていて音質が良くない場合は、atp-xなどに対応しているワイヤレスイヤフォンをつかっても意味がないといえます。

iTunesで配信している音楽データは、AACに最適化されたものになっているようなので、iPhoneの人は安心してください。
逆に、iPhoneでより良い音で聞きたい!となった場合は、iPhoneで音楽を再生することをやめて、ウォークマンとかを買うか、スマホをAndroidに変えましょう。

apt-xとかLADCを十分に活用して音楽を楽しみたい場合は、ネットのストリーミングサービスの音源では物足りなくなってくるかもしれません。
私は気に入った楽曲についてはCDを買って低圧縮にリッピングしたり、ハイレゾのデータを購入したりして、スマホ本体に入れてそれを再生したりしています。

もっと音にこだわるんだ!という場合は、LADC対応のワイヤレスヘッドフォンでハイレゾ音源を聞くと相当違うんですが、私はヘッドフォンが苦手なのであんまり使っていません。

あと最終的には、有線イヤフォンのほうが電波転送による圧縮がかからないので音質的には有利です。
マジクソこだわるなら有線イヤフォン・ヘッドフォンを使いましょう!

でも自分はワイヤレスが快適なのでワイヤレスでいきます!

コメントを残す