雑記

圧迫面接には反対です

最近、採用についていろいろと会話を交わすことが多くなってきました。
トレンド?なのかどうなのかわかりませんが「圧迫面接」についての話題も最近よく上がります。

「圧迫面接」というのは、予想外の質問や、感情を揺さぶるような質問をした場合に、どのように対処するかを見るというところを目的として行う面接の手法だそうです。

いい対応としては、冷静に感情を高ぶらせることなく、黙りこくってしまうこともなく、そつなく回答をすることなのだそうですが、タイトルにも書きましたが、僕は圧迫面接には反対です。

確かにそのような場合の素養を見極めることができるのかもしれませんが、なぜ、採用試験にエントリーしてきてくれた方の感情を逆なでするようなことをするのでしょうか?

僕は、それは失礼なことだと思うのです。
僕は、失礼な人は大嫌いです。

思うのです。いくら試験だからと言って失礼なことを受験者に言って良いのでしょうか。
人を試すということは大事かもしれませんが、気分を悪くするようなことまでをする必要があるのでしょうか。
そんなことをして、会社の印象はよくなるでしょうか?
ただでさえ緊張している受験者です。それで十分ではないですか?

圧迫面接がOKであれば、試験官に対しての圧迫を、受験者側がしていいということになりませんか。
試験官が受験者に失礼なことを言われたらどうするでしょうか。不採用にするのではないでしょうか。
じゃあ逆はどうなのでしょうか。試験官だから受験者に失礼なことを言ってもいいのでしょうか。

そんなホスピタリティで、物事が気持ちよく進むでしょうか。いい仕事ができるでしょうか。
トラブルが起こった時にどう対応するか、というのは、また別の話なのではないでしょうか?
言葉は悪いですが、礼を失したクライアントと付き合えますか?
私はそういうお客様とのお仕事はしたくありませんし、お断りします。

採用を志望してテストを受けに来てくれているわけですから、その行為には感謝しなければいけません。
試験を受けに来てくれている方には、自社のいいところ悪いところ含め、きちんとプレゼンテーションしないといけないと思っています。
それが採用活動だと思っています。

採用する側、される側というのは、対等であるべきです。
会社側としては、会社のことを丁寧に説明しつつ、試験を受ける方のことをしっかりと見させてもらう。
試験を受ける方は、会社のことをしっかり知る。疑問に思うことは質問をする。

採用するかどうかは会社側が決めることですが、採用されるかどうかも受験する側が決めていいことだと思います。
面接は、会社側と受験者側の双方が行うという認識です。
なので、うちの会社の面接は長いと1回2時間以上になります。
質問も自由にしてもらいますし、会社のプレゼンも丁寧に行います。
なるだけ話をしてもらいやすいような雰囲気作りにも気を配ります。
業務の内容に関しても、何をしてもらいたいと思っているのか、それに対してどういったスキルを持っているのか、ということなどなど、具体的に細かく、双方腑に落ちるように話し合います。

そういう考えの下で採用活動を行ってきたというところもあり、僕は圧迫面接には断固反対です。

コメントを残す