雑記

最近、別れた人たちのことを思う。

残念ながら女性ではありません。

今の会社に入って、もうすぐ15年?が経とうとしています。
僕が入った当時、アジャストはマンションの1室で営業していて、8人がすし詰めで作業していました。

その8人のうち、残っているのは僕を含めて4人です。
今ではスタッフが30人近くになっています。事務所も3度引っ越しました。

その間に、もといた8人のうち半分が、そして後から入ってきた人たちも何人も辞めていきました。

諸々の都合で辞めた人も居れば、アジャストや仕事が嫌いになって辞めた人もいるでしょう。
僕の事が嫌いになって辞めていった人も居るかも知れないです。

辞めていった人が、なぜ辞めたのか、本心はわかりません。
つらかったことも多かったですし、ここまで来るのに思えばなかなかしんどい時期もありました。

良い別れ方、悪い別れ方、いろいろありましたが、僕はみんなのことを覚えています。
去って行ったみんなが、今何を思って、何をしているんだろうと、最近よく考えます。

そんなみんなに、僕は伝えたいことがあります。

僕は昔と変わらない気持ちで仕事を続けています。
脱線しすぎない程度に楽しんで、お客さんに喜んでもらえるものを作り続けています。

自分を変えるために去って行った人の中には、会社や僕との関係を絶とうとしている人もいます。僕が嫌な過去になっている人もきっといるでしょう。
僕はそれが凄く寂しいのですが、仕方がないとも思っています。
僕も、今の会社の前に勤めたところがそうでしたから。

なにが書きたかったかというと、みんなこれからも頑張りましょう。
みんなが何をやってるか、見てます。負けないように頑張っています。

そしてたまには近況を知らせてくださいね。

コメントを残す