ネット動画

Amazonが動画ストリーミングセットトップBOXの発売を発表

日本ではまだあまりなじみが無いのですが、スティック型の動画コンテンツ配信セットトップボックスというのがあります。
テレビのHDMIにさしてWifiにつなげると、Huluなどの動画視聴サービスが利用できたりするものです。

今回、そこにAmazonが参入することを発表しました。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304471904579446301625852602.html

これまでの代表的な同タイプの代表的な製品には、Choromecastがありました(日本では発売されていない)。
日本では、ドコモauから同じような形状のものが入手できます。(利用できるコンテンツは各キャリアからのみの模様)
また形状は違いますが、AppleTVも同じような製品です。

いずれも、動画コンテンツを購入できたり、音楽が楽しめたり、手元のスマホやタブレットと連携して使えたり、というものなのですが、今回amazonのもので対応が噂されているストリーミング型のゲームに関しては、いずれも対応していません。

ストリーミング型のゲームというのは非常に説明しづらいのですが、日本だとスクウェアエニックスのドラクエXが対応という報道がありました。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2013/09/30_01.html
上記ではクラウドゲームと表現されていますが、ストリーミングゲームと同じです。

クラウド上のサーバーで実行されたゲームをインターネットで配信する、ゲーム配信技術です。

クラウドゲームでは、従来パソコンやゲーム機が担っていたゲームプログラム実行の役割をクラウドサーバーが担います。端末側ではストリーミング配信された映像・音声データの再生と、お客様の操作情報をサーバーに伝達する役割を担います。
これにより、タブレットやスマートフォンといった幅広いデバイスでゲーム専用機と同品質のゲームを楽しむことが可能となります。

このような方法で、ゲームを楽しめるものです。

amazonは小売り、流通という点で強力なインパクトがあります。
この市場が成熟していない日本への参入が早い場合、一気にシェアを取ってしまう可能性がありますね。

しかしなぜChoromecastは日本で発売しないのでしょうか。
提供できるコンテンツの問題などがあるのでしょうかね。

コメントを残す