ゲーム

Death StrandingとDetroit: Become Human

話題のDetroit: Become Human、プレイをしまして全ルートではありませんがクリアしました。
話の内容としてはいわゆるブレードランナー系で、機械と生命、感情、社会、っていうところがテーマの作品でした。

さらっと書きましたけども、なかなかいいお話で、物語をプレイするという点でもかなり考えて作りこまれた作品でした。
とても良いです。おススメです。
まんまブレードランナー(2049)やんけこれ、という描写もありましたが、良いオマージュだったと感じました。

タイトルではDeath Strandingが先に来ております。
やはりこの手のゲームのファンとしては発売が待ち遠しくて仕方ないですよね。

「プレイする映画」という切り口で考えると、コナミを退社して「KOJIMA PRODUCTIONS」を設立した、小島秀夫監督が第一人者であることに異論はないと思いますが、彼が取り組んでいる新作が「Death Stranding」です。

2018TGSにおいても、「発売はアキラの年」とおっしゃってましたので、2020年になるのでしょう。
待ち遠しいですね。

ものすごく待ち遠しいです。

コメントを残す