雑記

X JAPANのメンタリティがすごかったという話

昨年末の歌番組で、久々に X JAPANをみた。
相変わらず全力で厨二の演出で、あそこまでやりきるとやっぱりかっこいいなあと思った。

彼らの来歴が少し気になってwikipediaを読んでみたところ、個人的には感動するレベルの逸話がいくつか書かれていた。
腹を抱えて笑ってしまうようなものもあったけども、その中の1つで最も印象に残ったのが以下のエピソードです。

感想と合わせて書いておきます。

元気が出るテレビ「早朝ヘビメタ」「ヘビメタ運動会」への出演

ビジュアル系のヘビメタバンドとして売り出していた彼らが、元気が出るテレビに出演することを決めたのは「どんなにいい曲を作っても聴いてもらえなければ意味がない」と考え、知名度を得るためだった。
当たり前だけどお笑い番組なので、笑いものにされるのはわかっていたはず。
でも、超人気番組の元気が出るテレビに出れば、名前は売れる。ということで出演。

あれだけとんがった言動をして格好をつけているのに、彼らは本懐を遂げるための手段としてそれを選択したという、そのメンタリティがすごいと思ったのです。

目的を達成するために普通なら、いやちょっとイメージに合わないし・・・とか、格好悪いし・・という風に思って取らないであろう選択肢を採用した彼らは本当にすごいと思ったのでした。

自分も、おかしなところでプライドを持ったり格好をつけて選択肢を狭めないようにしていきたいと思います。

コメントを残す