ネット動画

YouTubeの有料プラン”YouTube Red”はネット動画の大きな波紋になる

先ほど発表になった「YouTube Red」。
いろいろと波紋を呼ぶような流れになりそうですが、ひとまず当面の話題になりそうなコンテンツ提供者側との契約問題と、それが落ち着いた後に考えらえる動きについてまとめておこうと思います

なお、以下で記載することは、実際どうであったという情報ではないため多少ブレがあるかもしれません。
ただ大よそは間違いないと思われます。

YouTube Redってどんなもの?

約10ドル払うことで、YouTubeが提供する有料の動画と、Google Musicで配信されている音楽が見放題、聞き放題になるサービスです。
アメリカでは今月から、日本でのスタートはまだはっきりしていません。

コンテンツ提供者との契約問題って?

今現在は、YouTubeを見る人は、動画を無料で見られる代わりに広告を視聴します。
その広告費が、運営費やYouTuberの実入りになるわけです。

ところがYouTube Redを始めるにあたり、この収益構造が変わってユーザーがお金を払うため、広告なしで見られる有料の動画コンテンツを調達しなければなりません。

現状出回っている情報では、人気のYouTuberが投稿した動画は、YouTube Redに登録しなければ見られなくなるケースがあるようです。

わかってる限りのことをまとめて簡単に書くと、

YouTuber側
これまでも(広告付きだけど)ファンにタダで動画を見せたいなぁ

Youtube側
YouTubeは有料プランを開始します。
あなたは大変人気があるのでコンテンツ有料化の対象です。
有料配信の契約をしない場合、すべての動画を削除します。

YouTuber側は有料プラン配信契約をし、ファンの人は有料登録するしかない

という状況のようです。

ただ、よっぽどの人気コンテンツを持っている人でないと対象にはならないみたいですが、この流れの中でYouTubeからドロップアウトするコンテンツが増えてくるかもしれません。

YouTubeが変わると今後何がどう変わっていくのか

現状からお金の出所が大きく変わってユーザーが払う、という切り口で見ると、えーっていう風に感じるところもありますが、冷静に見ればこの流れは健全なようにも思います。

YouTubeが大きく舵を切ったことで、ある程度の時間はかかるでしょうが、面白い動画にはお金払うのが当たり前という状況になることが考えられます。
そうなると、より一層動画販売の市場は拡大していくでしょう。
見たい動画にはお金を払うのがより一般的になる可能性が高くなります。

また、動画広告に関しても大きく変わってくるのではないでしょうか。
必要なければ見なくて良くしたわけです。
これは、Googleが動画広告の価値があまりないと判断したからとも取れます。

 

googleのこの取り組みが成功するかどうかはまだわかりません。
ただ少なくとも、一石を投じたことでかなり大きな波紋となることは間違いないです。

継続して観察していきたいと思います。

PS:書いた後で動画広告に関するこのレポートをみつけましたが、TVCMはある程度許容されているのに対し、ネットの動画広告はほとんどの場合拒否される率が高くなっています。
レポートにも記載がありましたが、TVは受動的に見るのに対し、ネットは積極的に探しに行くものであるためではないかと考えます。

 

コメントを残す