インターネット

YouTube Music の所感

先日日本でリリースになったYouTube Musicですが早速試してみました。

前談として。
会社のほうで一昨年行った国内調査で、音楽の動画を見るという人が各世代ほぼ上位という結果がありました。
音楽ソフトを購入するのではなく、無料で聞きたいというニーズが非常に高いということはわかっていましたし、いろいろ観察しているとYouTubeのアプリを立ち上げて音楽を聴いている人は非常に多い様子でした。

リリースされたYouTube Musicのアプリをいじってみたところ、

  • YouTubeの動画を音声として再生することに特化している
  • 動画は再生せずに音声だけ再生できるモードがある
  • プレイリストの作り方も音楽アプリのものにならっている
  • アーティストのDB的なもの?があり、検索すると公式のものが引っかかりやすい
  • 広告の再生は楽曲の前になるっぽい
  • アプリを切り替えたり、スマホをロックしてもバックグラウンドで再生が続く(YoTubeアプリはそうじゃなかった)

というようなものです。
非常によく考えられているなと感心しました。

アーティストの新たな収入源になるのかも

聞く側のほうのUXもかなり考えられているなと感心しましたが、楽曲をアップする側のことも考えられています。
基本はYouTubeなので、再生すれば広告費としてアーティストにお金が落ちる仕組みになっている(はず)ということです。

またGooglePlayMuiscなどで配信を行っていないアーティストの楽曲もYouTubeにアップされている動画であれば楽しめます。

事務所やアーティストの公式チャンネルにアップされている動画が再生される回数も増えてきそうです。
PR目的ではなくて広告収入目的でアップするという考えも増えるでしょう。

個人的には、事務所やアーティスト単位での動画サイト(音楽配信含む)が増えるのではないかなとここ数年思っていたのですが、利用者側の利便性をここまで考えられたものがあるのであれば、有料配信で勝負するのではない限り、YouTubeに楽曲をアップするということで十分なのではないかと思いました。

日本でも利用者が増えそうです。

コメントを残す